質問と回答 | 死別の会 | 没イチの会 | パレット倶楽部天国組会

死別 伴侶を亡くした方達の交流会 没イチの会 パレット倶楽部

パレット倶楽部TOP > 死別/天国組会TOP > 天国組会/没イチの会<質問と回答>

・新聞やテレビを見た方から、「よくいただく質問」をまとめてみました。

天国組会<質問と回答>

どんな活動をしているのですか?

パレット倶楽部 質問と回答天国組とは、30代~60代位までの方で伴侶を亡くすという同じ経験をされた方達が集う語らいの場(交流会)です。同じ経験をされた方同士でないとわかり合えないところがあると思います。天国組会で気持ちを吐き出していただき少しでも前向きな気持ちになっていただけたらと思っていますし、その先に新たな出会いに恵まれた方も多数いらっしゃいます。

「親(子供)を亡くしたので参加したい」というお申し出が時々ありますが、パレット倶楽部の天国組は伴侶(配偶者)を亡くされた方同士の集いで、親御さんやお子さん等ご親族と死別をされた方の集いではありません。

2001年にスタートしたパレット倶楽部の交流会は当初「離婚の方」と「死別の方」を分けていませんでしたが、交流会に参加した方達から、「離婚の方と死別の方は少し違いますよね」と言われることが多々あり、「やはり伴侶(配偶者)を亡くされた方同士で交流できる場所があったらいい」「伴侶(配偶者)を亡くされた方だけのオフ会を企画して」と多くのご要望をいただきましたので、2009年4月に「伴侶(配偶者)を亡くされた方の会」=「天国組」を別に作りました。

パレット倶楽部の天国組会は、単なる出会いの場ではなく、同じ経験をされた方と話すことで、聞くことで、ご自身のゆれている気持ちが徐々に整理されていく、整頓されていく、前向きな気持ちになっていく…。そして、前向きになった先に新しい出会いも見えてくる。そんな場になっているようです。決して喜ばしいテーマ会ではありませんが、パレット倶楽部でのご縁を通じて、少しでも元気になっていただけたらと思っています。

朝日新聞掲載記事
読売新聞掲載記事
Yahooニュース/東洋経済オンライン掲載記事


登録方法を教えてください。

パレット倶楽部 質問と回答交流会に一度参加いただいた段階で「登録」とさせていただいていますので、参加前の事前登録はお受けしていません。

天国組会への参加は、
1.まず<トップページ>で、テーマ、日程、参加対象等を確認してください。
2.「このテーマに参加してみよう」と思われましたら、「参加申込みフォーム」または電話にてお申し込みください。管理人よりお振込み等の返信をさせていただきます。
3.開催日1週間前までにお振込みいただいて、あとは当日会場まで直接お越しください。


インターネットの世界は不安で怖いのですが…

パレット倶楽部 質問と回答確かに、インターネットの世界では、サークルと称して参加者を集い、勧誘や販売を目的にするところがあるようですね。
特に、「死別の会」・「遺族会」・「未亡人の会」等と称したところ一部には、宗教や霊感商法が絡んでいる場合もあると耳にしていますが、パレット倶楽部は商品の販売や宗教等の勧誘など一切ありません。

過去の交流会の様子や参加された方の感想など、ホームページをご覧いただいても、なお不安を感じてしまう方は、まず管理人と電話で話してみましょう。
パレット倶楽部 管理人 電話番号


交流会のお知らせを郵送してもらうことはできますか?

パレット倶楽部 質問と回答申し訳ございませんが、交流会の日程はホームページのトップページでご確認いただいていまして、印刷物を郵送することは行っていません。

時々でもホームページをご訪問いただけるのが確実なのですが、メールマガジンでも日程をご案内していますので、下記からメールマガジンの配信登録をお申し込みください。(メルマガの配信は無料です)

但し、メールマガジンはパソコンからの一斉送信になりますので、パソコンからのメールを拒否設定されている方や、指定受信設定されている方へは送信できません。また配信登録の際にメールアドレスの入力間違いも多発していますのでメルアドの再確認をお願いいたします。

※メールマガジンがなぜか届かないということや、送られてきても見落としてしまうということもあるようですので、メールマガジンに登録された方でも時々でもホームページを訪問いただけますようお願いいたします。
メールマガジン登録解除


入会金や月会費はいくらですか?

パレット倶楽部 質問と回答パレット倶楽部 天国組会は利益を目的とした法人経営でなく、あくまでも管理人個人が企画運営している交流会サークルになりますので、「入会金」や「月会費」もいただいていません。

費用としては、交流会に参加していただいたときの参加費(飲食代/会場費/名簿代等)のみとなりますので、気軽に参加いただけるかと思います。


大阪や名古屋では、東京みたいなテーマ分けはないのですか?

パレット倶楽部 質問と回答東京開催の天国組会は、大まかに分けると
1.「わかちあいの会」→「年数の浅い方の会」、「伴侶を自死で亡くされた方の会」、「突然に伴侶を亡くされた方の会」など。
2.「天国組定例会」→「30代40代の会」、「40代50代の会」、「50代60代の会」などの年代別や、「3年以内の方の会」「5年以内の方の会」「旦那様を亡くされた女性だけの会(女性だけの天国組会)」など。
3.「異性との出会いを願う方の天国組会」→これからの先の人生を考えた時に、伴侶を亡くすという同じ経験をされた異性の友達パートナーがいるといいなと思う方の集い(再婚には限定していません)を開催していますが、大阪や名古屋開催の場合は、天国組会に参加いただける人数の関係もあり、現状では細かくテーマを設けることができていませんので、男女問わず同じ経験をされた方同士でお話ししたいという方に参加いただけたらと思っています。(毎回女性が多いです)


参加者の男性と女性のバランスは調整していますか?

パレット倶楽部 質問と回答※「男女比を同数にしてほしいというご要望をいただける皆様へ」

平成17年の世帯主国勢調査においても伴侶を亡くされた方の割合(死別率)は,男性が2.9%(152万人),女性が13.5%(766万人)と,女性が大幅に高くなっているようです。(女性の平均寿命が男性より長い等の理由だそうです)。こうしたことからもパレット倶楽部の天国組会でも男性と女性を同数に調整することは難しいのが現状ですので、異性との出会いを願う方は、多少なりとも男女比を調整をさせていただいている「異性との出会い」をテーマにした会に、男女問わず同じ経験をした方との交流を願う方は、「年齢別」や「3年以内の会」に、ご参加くださいますようお願いいたします。(毎回女性の方が多くなっています)


ひとり参加なので、心細いのですが…

パレット倶楽部 質問と回答ホームページだけでなく、新聞やテレビを見て「こんな会があるのを始めて知った」と、毎回初めて参加していただける方がいますが、ほとんどの方がひとり参加の方ばかりです。交流会は最初にお座りいただく席は抽選で決めるようにしていますので、皆さんが心配をされるような「会場に行ってみたら仲良し同士で固まっていて、初参加は輪に入れないのでは?」というようなご心配は皆無です。特に「天国組会」は、伴侶を亡くされたという強い共通する気持ちをお持ちの方ばかりですので、得意不得意ががあってもお話しができないということはまずありませんし、パレット倶楽部の定例会は新しい方を気さくに受け入れる雰囲気をメンバー全員が作ってくれていますので、安心していらしてください。何度か参加された方がお友達を誘ってご一緒されるケースはありますが、それでも会場内で仲良しグループで固まるようなことはありませんのでご心配なく。


長く事実婚で生活していた伴侶を亡くしました。参加できますか?

パレット倶楽部 質問と回答「訳があって、入籍をせず事実婚という形で長く暮らしていた伴侶パートナーを亡くしました。戸籍上は未婚になりますが、こうした場合は天国組会に参加させていただけますか?」というようなお問合せが複数ございます。入籍の云々よりも、大切なパートナーを亡くされた想いは同じかと思いますので、例外として参加いただくようにいたしました。ご理解どうぞよろしくお願いいたします。


筆記用具持参と書かれていましたが、セミナーとかがあるのですか?

パレット倶楽部 質問と回答死別の会の中には、お祓いやセミナーをするところもあるようですが、パレット倶楽部は宗教団体でも法人でもありませんので、そうしたものは一切ございません。筆記用具は、自己紹介の時などに自分との共通点等のメモを取らないと 同性や異性に関係なく誰が誰だかわからなくなるのでご用意くださいとご案内をしています。メモすることが不要な方は、もちろんお持ちいただかなくても大丈夫ですよ。

※こうした場に参加することに不安を感じる方も少なくないかと思いますが、パレット倶楽部 では、交流会を利用した死別セミナーへの勧誘や物販の販売等も一切ございませんので、安心してご参加ください。

※これからもよくある質問があれば追記していきます。m(__)m

パレット倶楽部TOP

バツイチ交流会サークル電話番号 留守番電話案内
メールマガジン

index

入門編 参加資格 規約 費用 天国組 死別の会  没イチの会 わかちあいの会,語らいの会
伴侶を自死で亡くされた方の会
交流会の進行方法
交流会の進行スタイル
きっかけカード説明 参加申込フォーム

関西/東海/天国組会

大阪 死別の会 没イチの会
名古屋 死別の会 没イチの会

meeting history