40代50代60代迄の死別の会 伴侶と死別された方達の交流会 天国組

死別 伴侶を亡くした方達の交流会 パレット倶楽部
TOP参加資格/規約/費用 交流会の種類再婚相手のご紹介

パレット倶楽部TOP > 死別の会 死別の方の集い 没イチの会 天国組 > 関西東海方面の天国組交流会 > 静岡県天国組会

伴侶を亡くされた方達の交流会 死別

パレット倶楽部の天国組交流会は「朝日新聞」や「夕刊フジ」等にもご紹介いただきました。
2016/8/29付「朝日新聞<全国版>」に再び取り上げていただきました。

メールマガジン登録解除

天国組

天国組とは伴侶を亡くされた方達の交流会です。

2001年にスタートしたパレット倶楽部の交流会は当初「離婚の方」と「死別の方」を分けていませんでしたが、交流会に参加した方達から、「離婚の方と死別の方は少し違いますね」と言われることが多々あり、「やはり伴侶(配偶者)を亡くされた方同士で交流できる機会が欲しい。死別の方だけの交流会を企画してほしい」と多くのご要望をいただきましたので、「伴侶(配偶者)を亡くされた方の会」=「天国組会」を別に設けました。パレット倶楽部の天国組会は、単なる出会いの場ではなく、同じ経験をされた方と話すことで、聞くことで、ご自身のゆれている気持ちが徐々に整理されていく、整頓されていく、前向きな気持ちになっていく…。そして、前向きになった先に新しい出会いも見えてくる。そんな場になっているようです。決して喜ばしいテーマ会ではありませんが、パレット倶楽部でのご縁を通じて、少しでも元気になっていただけたらと思っています。

※ご注意
「親(子供)を亡くしたので参加したい」というお申し出が時々ありますが、
パレット倶楽部の天国組は伴侶(配偶者)を亡くされた方同士の集いで、
親御さんやお子さん等ご親族と死別をされた方の集いではありません。



2009年4月18日に「第一回天国組会」(死別の方限定の交流会)を開催したところ、
・「会社など自分の日常でふれあう方に死別の方はいないので、今日は同じ体験をした方達とお話ができて良かった」
・「離婚の方との出会いは多くても、こうした同じ死別の方同士の出会いは少ない」
・「グリーフケアに通ってみたが傷の舐め合いのようで自分には合わなかった。天国組会は同じ経験をした皆さんと自然にいろいろな話ができてよかったです。」
・「よその死別の会は嘆き悲しむ場だったが、ここは違うので良かった」
・「よその死別の会は再婚を禁止しているが、ここは本人の自由なので嬉しい」
・「同じ経験をした同性の友達ができて良かった」
・「死別の会というと、もう少し年齢層が高いところばかりで参加しづらかった。
パレット倶楽部の天国組は同世代の集いなのでいい。」
・「仲の良い夫婦だったので、いつも夫婦一緒でした。
友達も少ないので、同じ経験をされたお友達ができて良かったです。」
・「普段話せないことが、ここで話せてよかった」などと大変に好評でした。

その後も定期的に開催させていただいていますが、毎回初参加の方も多く、死別の会に、しかもこの年代の参加者がこんなにも増えるのは管理人の私にとっても複雑な気持ちで胸が痛むことですが、参加していただけた方から「参加するたびに少しずつ気持ちが前向きになる」「この会で救われている」「一度は終わったと思った自分の人生でしたが、このパレット倶楽部の天国組会で思ってもいなかった新しい出会いに恵まれ、もう一度人生を作り直す気持ちになりました」等のお言葉をいただき開催して良かったと感じています。

供養とは、残された家族が亡くなった人を心配させない生き方をすること。
伴侶を亡くすというのは人生最大のストレス。こうした大きなストレスは医学的にも体の免疫力を保持するためのリンパ球を著しく減少させることといわれています。亡くなられたパートナーさんは、あなたが元気で幸せになってくれることを望んでます。あなたが元気でいるためにも、残された者は家に閉じこもって悲嘆に暮れ、涙を流し、自分を責め、悲しみに打ちひしがれた生活を続けることだけは避けるべきで、そんな状態が続いて病気になり自らが床に伏したのでは天国に召された愛する人も悲しみます。喪失と立ち直りの思いとの間で揺れる時間を乗り越えるためには、「信頼できる場での心の解放」が必要とされています。家に閉じこもってしまった方も、一歩外に目を向けてみませんか。天国組交流会に参加されたことで多くの方が少しずつ前向きな気持ちになられています。経過した年月や亡くなられた要因によっても、いま思われていること、求めていることも異なるかと思いますが、同性異性を問わず同じ経験をされた同士だから理解しあえるものも多いはずです。天国組会とは伴侶と死別された方達の交流会ですが、嘆き悲しむ場ではありません。家に閉じこもってしまった方も、気持ちを内に閉まっている方も、一歩外に目を向けてみませんか。パレット倶楽部の天国組会の目的は故人を偲び悲しむということから1歩前進し、同じ死別という経験をした方達同士での新しいご縁を前向きに楽しむことです。


※写真/第25回天国組交流会(2015.04.05)→場所/東京グランドホテル
※写真/第26回天国組交流会(2015.06.21)→場所/東京グランドホテル

天国組交流会に参加いただいた皆様の感想を一部ご紹介↓

・「まだまだ"癒し"が必要な方も多く、同じ境遇の者同士で語り合えたことが何よりでした」

・「天国組オフ会がこんなにも盛況というのも胸の痛むことですが、一方、このような会を必要とされる方々がたくさん居られ、 参加した方々が少しでも元気を戴けたというのも、会の存在意義は大きいものと思います。」

・「妻が亡くなって数か月後にあるグリーフケア協会を訪問したのですが、幼子を亡くされた若いご夫婦や伴侶を亡くされた高齢の方達が参加されていました。この時感じたのは、お亡くなりになった対象や残された者の年代が異なると、悲しみや辛さを共有することが難しいということでした。ですからパレット倶楽部の天国組会のように自分と同じ年代で伴侶を亡くされた方々と繋がれる場があったことをうれしく思います。伴侶を亡くした悲しみは一生涯消えることはありませんが、この場所で同じ境遇の方々と深い悲しみを共有し、分かち合うことができるだけで、皆さんと繋がっているだけでありがたいと思っています。」

・「パレット倶楽部の天国組会に参加して自分の気持ちが明らかに変わりました。参加していなかったら、いまも早く亡くなった伴侶を恨み、自分も病院に通っていたかと思います。こういう場があって本当に良かったです。」

・「夫を亡くしてグリーフケアに通いました。そこでも同じ経験をした方達と交流することが早い立ち直りに繋がると学びました。この天国組交流会はそれを実践されているところだと思います。自分の周りには話せないことも自然とお話ができて少し気持ちが楽になりました。参加してよかったです 。」

・「テレビで没イチの会(ボツイチの会)というところが紹介されていたことから、自分と同じ伴侶を亡くした方達の集いがあることを知り、同様な集りをネットで探したところ、お年寄りの集まりでなく40代50代60代迄の皆さんが集っているというパレット倶楽部さんの天国組会にたどり着き、早々に参加させていただきました。傷の舐めあいでなく前向きな方ばかりの集まりで参加して本当に良かったです。もっと早く参加したかったと思ったくらいです。私はたまたま没イチの会(ボツイチの会)繋がりで天国組会を知ることができましたが、まだまだ知られていないと思います。こうした集いを必要とされている40代50代60代の方は全国にもたくさんいると思いますので、これからも天国組会をもっと広めてください。」

・「自分の周りには天国組はいないので、日頃こうした話はできない。ここに来たらこんなにいるのでびっくりしたし、今日は同じ体験をした方達とお話ができて良かった。」

・「死別の会はほかにもあるけど老人ばかりで、自分と同じ40代50代での死別同士の集まりは貴重だと思う。これからも続けてほしい。」

・「グリーフケアに通ったが、頭では理解してもなかなか受け入れられなかった。知識と経験は違うと思いました。 ここは同じ経験をした方とお話が聞けるのでとても共感できてよかった。ほかの会にも参加したことがありますが、パレット倶楽部は傷のなめあいにならず、前向きな雰囲気が良かったです。」

・「主人を亡くした時に病院で紹介されたグリーフケアを目的にした会や分かち合いのグループに通っていましたが、そこは毎回、悲嘆感や思い出話で後ろを振り向いてばかりの内容だったので逆に自分の気持ちがフラッシュバックしてしまい辛くなりました。このままだと自分はいつまでも足踏み状態から抜け出せなくなると感じていたところ、偶然に見つけたパレット倶楽部の天国組交流会に参加してみました。ここは皆さんが、自分の気持ちを吐き出すだけでなく、前向きな雰囲気が良かったです。気持ちの通じる友達も増えましたし、もっと早く参加すればよかったと思いました。死別の会はいくつかあるようですが、皆で泣きましょうというような集まりに長居は禁物だと思います。」

・「みなさんが、それぞれの思いを抱えながら頑張って、前向きに生きていらっしゃるのを知り、自分だけではなかったと、心強く感じました。またぜひ参加したいです。」

・ネットで見つけた他の死別の会に参加してみたところ、そこには伴侶を亡くされた方ばかりでなく、お子さんや親御さんやお友達を亡くされた方も参加していて、同じ死別でも伴侶を亡くした方との違和感を感じてしまいました。パレット倶楽部の天国組会は年代も近く、自分と同じ伴侶を亡くされた方だけが参加されていて共感できる点も多くて良かったです。

・「パレット倶楽部の天国組は、死別という共通の想いを話せる場であるけれど、いい出会いも期待できる場であると思う。その自然さがとてもいいと思います。」

・「参加してみて、こんなに大勢の方が同じ境遇なんだとしみじみと思いました。悲しいことではありますが、同じ思いを共有して頂ける方が多いことで今まで経験できなかった思いがこみ上げて参りました。林様のお仕事ぶりを拝見しまして、割にあわないお仕事なのに一生懸命に会を進行してくださって本当に感謝申し上げます。」

・「自分の周囲に同じ境遇の人がいないので、自分の本音で話すことがなくなっていましたが、ここでは同じ境遇の方がいてお話しすることができて少しは心が軽くなりました。異性との出会いとかにこだわらずに同性の方とも気軽にお話しできるのも良いと思いました。これからもサークルに参加するつもりで参加しようかと思います。」

・「天国組に初めて参加致しました。パレット倶楽部は、きちんと管理運営された素晴らしい交流の場でした。傷が癒えない月日の浅い方の話はちょっと前の私そのもので、当時を思い出し涙が出そうになりました。そして驚いたのは前から参加している方達が皆さん仲が良く、私も女性同士、早速メールの交換が出来ました。」

・「昨日はありがとうございました。あのように有意義な集まりを企画され、またとりまとめも大変かと思いますが継続して活動され、本当に感謝いたします。おかげさまで、同じような境遇の友人が出来、精神的にかなり楽になりました。また、次の機会にも参加したいと思っております。」

・「本当に参加して良かったと思っています。同じ境遇の方とお話し出来て、心が軽くなりましたし皆さんに元気をもらいました。また、友達も出来ました。こうして皆様にお会い出来たのも何かのご縁です。是非、今後も都合が合えば参加させていいただきます。」

・「先日は素敵な時間の提供をありがとうございました。正直、私は、大人数の場所が苦手で 参加人数から躊躇しましたが、今回は、翌日人疲れすることもなく、スッキリしていました。 二次会も行かせて頂いたので、日常の小さな出来事で共感出来る事、主人が闘病中の小さな出来事で共感出来る事、生死に比べると、どうでもいいような話で人に話す事はなく、封印されていたことがはじめて話題に出せ、貴重な時間でした。とはいえ初参加で、実は人見知りなので、今回は参加しただけで精一杯で、どなたにも、連絡先を伝える事なく帰宅してしまい、少々反省しています。次回は、今回を教訓に、より楽しく参加出来たらと思っています。」

・「今回初めて参加させて頂きまして、自分なりに乗り越えられたと思っていたのですが、皆様のお話を伺って、家に帰って来てから久しぶりに泣きました。でもそれは、経験されない方には分かって頂けなかった想いを共感できた安心感と、辛い中でも頑張っておられる皆様から、お互いを労わり合う優しさと勇気を頂いたからだと思います。とても良い会だと思いますので、また、機会がありましたら参加させて頂きたいと思います。」

・「不安を抱えながらの初参加でしたが、とても心地よい時間を過ごすことができました。 反面大切な人を亡くした方達がこんなにも多くいらっしゃることに、複雑な心境でもありました。大きな心の傷が癒えるにはまだまだ時間を要するとは思いますが、前を向いて歩いていきたいと思っています。次回交流会にもぜひ参加をしたいと思っております。」

感想をいただきました皆さん、ありがとうございました。


※写真/第38回天国組交流会(2016.07.10)→場所/銀座 B.E.HOUSE

※写真/第44回天国組交流会(2017.01.29)→場所/銀座 B.E.HOUSE



天国組とは死別された方達の交流会ですが、嘆き悲しむ場ではありません。
家に閉じこもってしまった方も、一歩外に目を向けましょう。


・パレット倶楽部の天国組会の目的は故人を偲び悲しむということから1歩前進し、同じ死別という経験をした方達同士での新しいご縁を前向きに楽しむことです。

・この交流会は異性、同性にこだわらず、死別という同じ経験をされた方達の交流が主な目的ですので、交流会における男女の参加バランスは調整していません。

・異性との出会いを目的には主催していませんが、個人的なお付き合いは自由です。
※交流会後の交流は自己責任でお願いします。

※パレット倶楽部は異性との出会いを目的に開催しているのではなく、あくまでも死別という同じ経験をした方達の交流が目的ですので、交流会の男女の参加バランスは調整しませんことをご承諾ください。知識上のグリーフケアでは得られない、同年代で同じ経験をされた方達とお話をすることで少しでも前向きな気持ちになっていただけたら幸いです。

・この死別の方の集いは会として「宗教色」や「政治色」は全くありませんので、当然、宗教等の勧誘目的に参加されることは固くお断りします。主催者側としては無宗教の方の参加を希望します。またパレット倶楽部では巷によくあるような交流会を利用した死別セミナーへの勧誘や物販の販売等も一切ございませんので安心してご参加ください。

※「きっかけカード」について、「まだ新しい出会いを求める気持ちにならない」という方よりお問い合わせがございました。天国組会に参加される方の中には、「まだ新しい出会いを求める気持ちにならない」という方の他にも「新しい出会いを期待して参加」される方もいますので、この天国組会においても一応「きっかけカード」をお配りしていますが、活用するしないは各自の自由です。天国組会は「死別という同じ経験をした方達の交流」を趣旨として開催していますので、「きっかけカード」は必要とされる方のみご利用ください。


参加資格

・パートナーと死別をされ現在、戸籍上独身の方
・同性・異性にこだわらずに同じ死別という経験をされた方との交流を求めている方。
・年代/40代・50代が中心層で、現在上は65歳位までの方が参加されています。

■特例■
パレット倶楽部の天国組交流会は、伴侶を亡くされた方が集う交流会ですが、
長らく事実婚(未入籍婚)をされたパートナーさんを亡くされた方で、
この天国組交流会に参加を希望する方は管理人までご相談ください。

メールマガジン登録解除

個人的な交流について

個人的な交流はあくまでも自己責任です。

パレット倶楽部を通じて知り合った方との個人的な交流はあくまでも自己責任でお願いします。トラブルが生じた場合でもパレット倶楽部は一切の責任を負いません。親しい間柄になっても金銭の貸借は絶対におこなわないでください。他のメンバーよりクレームが生じた場合は理由を問わず管理人の判断により「除名」とし今後の参加は一切お断りさせていただきます。またパレット倶楽部の雰囲気に合わないと管理人が判断した場合も同様とします。参加される方は常識と協調性をもってトラブルのない楽しい交流の場を築けるよう参加者全員が協力してください。

皆で交流の輪を広げましょう

あなたの周りに私達と同じ境遇の方がいらっしゃいましたらパレット倶楽部をご紹介ください。パレット倶楽部に参加されるメンバーひとりひとりのお誘いが、より多くの新しい出会いと交流を生み出す流れを作ります。顔もわからずにどんな人間も演じることのできるメールから始めるネットの出会い系サイトとは違うこうした顔の見える本来の交流の場を皆さんの応援でさらに広げていけることを願ってます。

会場でのお願い

交流会中は禁煙です。手荷物・貴重品の管理は自己責任でお願いします。

交流会中は禁煙とさせていただいています。
喫煙される方は会場の外でお願いします。

※手荷物、貴重品の管理は自己責任でお願いいたします。不測の事態が生じても会としては一切の責任が取れません。過去にお酒を飲みすぎて荷物をどこかに紛失したということもありましたので、お酒の飲みすぎにはくれぐれもご注意ください。

交流会参加申込フォーム

バツイチ交流会サークル電話番号
入門編 参加資格 規約 費用 天国組 死別の会  没イチの会 30代40代伴侶と死別の会 死別の会 地方開催 交流会の種類 交流会の進行方法 きっかけカード説明 再婚相談 参加申込フォーム
管理人宛メール 死別 グリーフケア カウンセリング カウンセラーの紹介

Guidance

大阪 京都 岐阜 関西方面 死別の会 伴侶を亡くされた方の交流会
静岡県 死別の会 伴侶を亡くされた方の交流会
新潟県 死別の会 伴侶を亡くされた方の交流会
茨城県 伴侶を亡くされた方の会
九州 福岡方面 死別の会 伴侶を亡くされた方の交流会

meeting history

Partner-link

大田区馬込エステ パソコン疲れ回復コース 肩こり 眼精疲労